【海外D.I.Y】棺桶型アクセサリー掛けの作り方。

coffin0

COFFIN HANGER D-I-Y || Gothic Homewares + GIVEAWAY!より転載

どうも、DOHKEの内山です。

国内外問わず、日常に使えるオカルト&ゴシックなものを不定期で紹介!

今回もyoutubeで、ライフスタイルを楽しめる動画を見つけたので紹介します!

前回はこちら-超簡単に五芒星ネイルを作る方法。

今回紹介するのは、海外のD.I.Yで作る棺桶型のアクセサリー掛けの作り方。

そろそろ春になり薄着になる季節。この時期に気になるのはやっぱりアクセサリーなどの小物類。

その小物をオシャレに壁にかけてしまえるアクセサリー掛けの作り方を、youtubeで発見したのでご紹介いたします。

まずは、下のyoutube動画を見てください。

(うまく動画が再生されない場合はこちらをクリック)

いかがでしたでしょうか?

木材を切ったり、色を2度塗りしたりとちょっと大変な部分もあるけど、一度作ったら色々出来そうだよね。

ところで、

coffin01

coffin02

普段からD.I.Yが趣味といった方でない限り、こういった道具類がそもそもないという方も多いよね。

電動の道具類は、ホームセンターなどでレンタルもしているから本格的に作りたい方はレンタルしてもいいと思います。

もちろん、ここまで本格的なものを使わなくても、ノコギリとかで地道に出来ます。

海外の方の動画なのでかなりダイナミックに作っていますが、実際に作る時はこんな大きな板じゃなくて、もっと小さいのでちょっと小さくなりますが端だけ斜めに切っていくようにしてもいいかも!

道具選びは、この辺の記事を参考にするとよさそうです。

DIY女子が便利に使っている手工具・電動工具とその収納

DIY初心者にもオススメ!100均でも使える工具【ダイソーハンドメイドなど】

coffin03

そして、カットを終えたらヤスリ掛け。こうすることで、塗料を塗った後の仕上がりが違います。

coffin04

そして、黒の塗料。この辺はホームセンターに置いてあるはず。

塗り方は、「木の板 塗装 黒」でググれば結構出てくるので参考にしてみるとよさそうですね。

coffin05

ちなみに、二度塗りは必ずした方が艶が出ていいようです。ガッツリやれば鏡のようにもなるようです。

DIYの完成度を高める “二度塗り前のひと手間” の重要性を確認してみた 

coffin06

なんだかこれだけでも平置きして、アクセサリーを上に置くだけでいいんじゃないかと思う見た目ですが、最後はデザインとアクセサリーをかけるための穴あけ。

coffin07

まずはデザインの下書き。こうすることで、いきなりペイントするより正確なデザインが描けるようになります。

coffin08

アクリル絵の具で描いていきます。

coffin0

ちなみに、学生の頃、図工が苦手で美術も微妙だったという僕のようなあなた!(ちなみに、僕は良くて3でした。)

デザインは、ちょっと歪になっても普通に文字を書くだけで結構オシャレになるので、絵や図工に自信がなくても大丈夫です。

coffin09

そして、最後にドリルやキリなどで、穴あけをしていけばいよいよ完成です。※穴をあける前は、まっすぐになるように、動画にもあるように必ず開ける場所にマークをつけておくといいですよ。

coffin010

今回は、アクセサリーかけとしてデザインしていますが、うまくやればタオルかけなどでもいけそうですね。

ぜひこれからの4月の新生活に向けて、部屋の模様替えにも使えるので、ぜひ作ってみてください~。

追伸:アクセサリー置きといえば、サーパスクロージングのインテリアアイテムを大量にアップしたよ。

SSSLPLRBK0

SOSCPPE0

SSBYSKSCOS0

SSMEMNJRDGGS01

ひとつでもおいておけば一気に退廃的な空間になること間違いなしなデザインばかりです。

tumblr_o3bdmjUtmU1qb4qqxo1_500

まだ見てないという方は、今すぐ↓のリンクをクリックしてください。

http://www.dohkeworld.com/product-list/169
(PCページに飛びます)

http://www.dohkeworld.com/phone/product-list/169
(スマホページに飛びます)

内山

DOHKE/ドウケ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする