KILLSTAR/キルスターの新作ニットドレス。春まで着続けることのできるコスパの高いアイテム。

IMG_2021

1月も終わり、もう2月に入るころですが、今年の2月は寒暖の差が激しくなるとの天気予報。ここ最近は、気温の変化が激しすぎて、何を着ればいいのか迷いますね。

寒暖差が激しく着るものに困った時でも、必ず使える万能なニット。薄手であれば、ニットアイテムは春まで着続けることのできるコスパの高いアイテム。

今回ピックアップするのは、KILLSTAR/キルスターのAfter Effect Knit Dress/アフターエフェクトニットドレス。

総柄や派手なデザインが多いキルスターの中でも珍しいシルエットに特徴があるニットドレス。オカルトなデザインを豊富に展開しているキルスターだからこそ、大人のエレガントなウィッチスタイルにはまる。

そんな魔女のように優雅なブラックスタイルになるニットドレスのデザイン・素材・洗濯方法・防寒性を検証していきます。

デザインは?

IMG_2027 IMG_2028 IMG_2029

前身頃が短く後身頃の方が長いアシンメトリーデザイン。

特筆すべきは主に3つ。

1.首を長くスッキリと魅せ、小顔に見せてくれます。

AfrEtKtDrs0

首回りはボートシェープネックライン。鎖骨が見えるくらい大きく作られたネックラインは、首を長くスッキリと魅せ、小顔に見せてくれます。ひと目を惹く個性的なデザインながらも、抑えるところはしっかり抑えているところがうれしいですね。

2.スタイルが引き締まって見えるように、ウエストがきゅっと締まったデザイン。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ふんわりしがちなニットドレスを、ウエスト周りが引き締まって見えるように加工。

AfrEtKtDrs03

ふわりと広がる後身頃も、重くなりがちなブラックスタイルを軽く見せてくれます。

IMG_2036

右袖にキルスターのタグ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タグの裏にはyou have to be odd to be number one。アメリカの絵本作家ドクター・スースから引用されたもの。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また指を通す穴が開いており、着方によって変化をつけることが出来る2way仕様となっています。

3.肌を見せることで黒の重苦しさを軽減

IMG_2026

鎖骨が大きく見えるボートネックのようになっているので、肌の色が差し色となり黒特有の重苦しさを軽減。

オカルトな雰囲気を取り入れつつ、大人の女性の魅力を引き立てる上品なデザインとなっています。

さらに軽く見せたいなら、肌の見える部分を増やすといいですよ。

着丈の長さは1枚で着るにはちょっと頼りない?

AfrEtKtDrs0

キルスターが掲載しているモデル画像は下を履かずに1枚で着ていますが、実際に着てみると、ちょっとだけ心許ない長さです。

IMG_2031

身長166cm,体重50kg,普段着用はレディースのLサイズ(ユニクロの場合)。

IMG_2037

今回着ているのはMサイズ。後身頃はかなりの長さがありますが、前はそれほどでもありません。

IMG_2032

IMG_2033

僕個人の意見としては、ボトムスに何かを合わせた方がいいかなと思います。

ちなみに今回は、中世の書斎にいる魔女をイメージして、ロングスカートと合わせてみました。

素材は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

素材は、アクリル100%。

高い耐久性と摩擦に強いのが特徴で、多少雑に扱ったとしてもこれといった問題が起きにくい。弱点としては、毛玉ができやすいのと静電気が多少起きやすい事。

それでも、アクリルの特徴の一つにカビや細菌、虫なども寄せつけにくいという部分があります。それほど、保管に気をつけなくても、お気に入りのデザインが、その年だけでなく来年の秋冬まで着られるコスパの高さはうれしいですね。

洗濯は?

アクリルのニットは洗濯機で洗うことが出来ます。

洗濯機で洗う場合は、洗濯ネットに入れて、手洗いモードなどで柔らかく洗うのがポイントです。

乾かすときに伸びやすくなってしまうので、乾かすときは、形を整え平置きで陰干しがベストです。

常に、清潔を保っておけるのがうれしいですね。

防寒性は?

IMG_2030

極寒の時のインナーとして頼りないですが、それほど暖かく寒くもないけど、どちらかというと寒いというときには、抜群の体温調整をしてくれるのが薄手のニット。

どんな時でも一定の暖かさを保障してくれるので、日常生活内では十分な防寒性があると言えます。寒い場所から暖房の効いた建物に入った時でも、厚着をしすぎてだらだら汗をかいてしまうこともない。

アウターなどの重ね着した場合にも体温調節がしやすいのが嬉しいですね。

では、実際にどんなアウターと合わせることが出来るのかご紹介します。

2016年注目のスーパーロングコートで魔女のようなシルエット

IMG_2024 IMG_2021 IMG_2023

昨年のガウチョパンツなどのオーバーサイズの流れから、2016年注目されているスーパーロング丈のコート。ロングコートと合わせる場合は、インナーの長さが重要。

短すぎると短足に見えバランスが崩れますし、かといって長すぎても見た目が重くなりすぎしてしまう。

このニットドレスは、薄手かつちょうどいい長さに調節がされているデザインなので、アウターとのバランスがとりやすいんです。

今年もう一つ注目のミリタリーアイテムとの相性も◎

IMG_2038

IMG_2040 IMG_2041

昨年爆発的に流行ったMA-1と合わせてみました。

カジュアルなミリタリーアイテムと合わせても、きれいなシルエットを保ち、シックでドレスライクな印象になっていますね。

バックスタイルはまるで、変形のスカートを履いているかのよう。カジュアルなアイテムでも美しく着こなすことが出来ます。

サイズはどれを選ぶといいの?

IMG_2030

サイズは、特別な理由がない限り、XS~Mサイズあたりまでがオススメです。

身長166cm,体重50kg台、普段はユニクロのLサイズがジャストサイズのモデルがMサイズを着たところ、ゆったりしたスタイルで着ることが出来ました。

IMG_2036

肩幅も若干広めの海外のアイテムらしいデザインと言えます。タイトフィットで着たい場合は、XS~Sサイズで着るとかっこよく着れますよ。

IMG_2031

Mサイズだと、十分ゆったりとした美しいドレープ感のあるスタイルで着ることが出来ます。

カジュアルなアイテムと合わせても、大人っぽい印象になるニットドレス。

IMG_2042

風を受けてふんわり広がる裾が最高に美しい。これからの季節に向けてかなり活躍できるアイテムでした。

IMG_2048

カジュアルなアイテムと合わせても、大人っぽい印象になるニットドレスなので、普段のワードローブに加えて楽しんでくださいね。

IMG_2044

追伸:このドレスは、30日間の完全満足保証付きです。

お届けから30日間以内は、どんな理由であっても返品・交換が可能です!

返品にかかる費用等は全てこちらで負担致しますので、リスクは完全にゼロです。

30日間じっくり着て確かめて、ちょっと違うなと思ったらいつでも僕にご連絡くださいね。

内山

DOHKE/ドウケ

今回着ているアイテムはこちらから購入できます。
KILL STAR/キルスター/After Effect Knit Dress/アフターエフェクトニットドレス/黒
>>http://s.dohkeblog.com/20wxwfv

【即納S,M】Noctex|ノクテックス/HOODED CARDIGAN/フード付ロングガウンコート
>>http://s.dohkeblog.com/1WQMESZ

KILL STAR/キルスター/WITCH BRIM HAT/ウールブリムハット
>>http://s.dohkeblog.com/1PmfHfr

KILL STAR/キルスター/Occult Reversible Bomber/オカルトリバーシブルボンバージャケット
>>http://s.dohkeblog.com/1MCq8cc

【即納M残り1つ】Ovate|オヴェイト/Enzyme Washed Twill Skirt/エンザイムウォッシュドツイルスカート
>>http://s.dohkeblog.com/1PX71IR
【即納】The Rogue + The Wolf/ローグ+ウルフ/The Moonrise Necklace in Old Steel/イクリプスネックレス/黒蝶貝
>>http://s.dohkeblog.com/1PJfc1e