【着用レビュー】日差しの強くなるGWのお出かけに。普段着に合わせやすいゴシックTシャツ。

ゴールデンウィークが近くなってきましたね。計画は決まりましたか?

何を着て、どこに行こうか迷っちゃいますよね。僕もまだ迷ってます汗

前回のブログでは、夏のTシャツを紹介しましたが、今回はGWからすぐ使えるJason Lingard|ジェイソン・リンガードのTシャツとボトムスを紹介します。

その柔らかさは、まるでスカーフ。

女性モデル: 身長166cm,体重50kg台前半,トップスのジャストサイズは、胸囲86-92cm,アウターは、胸囲96cm〜

今回取り寄せたのは、スカーフのように柔らかいTシャツとボトムス。

Tシャツの着心地は、サラサラとしていて、メッシュのTシャツを着ているかような感覚です。

ジャパニーズコットン100%で出来ています。

日差しが強くなるGW~夏に最適な7分袖Tシャツ。

7分袖なので、GW~夏にかけて強くなる日差しの日焼け防止にもぴったり。

風を通してくれる透け感のある生地なので、今向きのTシャツです。

ゆったりしたサイジングでも、シルエットはスッキリ。

裾は、斜めにカッティングされていて、後ろの方が着丈が長い。

そのため、胸囲が126cmとゆったりしたリラックス感のあるサイジングでも、シルエットをスッキリとみせてくれます。

首元は広め、 袖、裾は切りっぱなしで大人なリラックス感のある雰囲気に。

首元は、鎖骨が見えるくらいの広め。


前から見るとボックスカット 。後ろから見るとラウンドカットに。

前からみると、ボックスカットで、

後ろから見るとラウンドカット。

薄手のアウターなどとあわせると、よりオシャレなレイヤードシルエットになります。

ロング丈のインナーと合わせても、いい感じにレイヤードが決まる。

軽い着心地で、夏に涼しく着られます。

てろっとした落ち感のある柔らかさは、履くだけで気持ちいい。

ボトムスは、 キュプラとテンセル生地のクロップドパンツ。

てろっとした落ち感のある柔らかさで、履くだけで気持ちのいい素材感です。


ウエストはゴムと紐になっているので、着心地も楽チン!

シルエットは、テーパードなので日本人の体型に最も適したデザインなんです。

足を長く見せ、スッキリ履けます。

GW、そして夏のボトムスとして、履き心地もシルエットも抜群な1着です。

Jason Lingard|ジェイソン・リンガードについて

ニュージーランドで発足したJason Lingard|ジェイソン・リンガード。
ゴシック様式の美しさとオリエンタリズムを融合。
モダンなドレープ感を用いたユニセックスブランド。
国内では当店のみで手に入る希少なブランドです。

全世界で非常に少ない生産数となっています。

今回着ているTシャツは、全部で35着生産された中の4枚目。ボトムスは、40着の内の35枚目。

サイズごとに生産数が決まっているため、それほど多くの枚数を仕入れることが出来ませんでした。

貴重な1枚ですので、ぜひ、これからのGW、そして夏のTシャツ、またはボトムスとしていっぱい着ていただけたらうれしいです。

以下の画像、または下のリンクをクリックしてください。

→こちらをクリック←

内山

DOHKE