大聖堂の光と闇。胸元にさりげなく映える小ぶりなネックレスを紹介します。【特別注文】

めちゃくちゃ個人的なことですが、先日無事に結婚式を終えることが出来ました。以前から考えていた海外での挙式。挙式日当日以外まさかのすべて雨。

天候にも恵まれ、素敵な時間を過ごすことができました。

2018年も残すところあと2週間。今年もそろそろ終わりますが、その前にクリスマスがやってきますね。

そんなクリスマスにふさわしい素敵なアクセサリーを見つけましたのでご紹介します。

胸元にさりげなく映える小ぶりなネックレス。

大聖堂の窓をモチーフにデザインされたネックレスです。

窓の部分には、本物のアンティークのガラスが仕込まれ、時の儚さと静かな流れを感じさせるデザインとなっております。

もう1つは、古い大聖堂の木の窓枠をモチーフにデザイン。

両枠には、蛇が絡みつく。大聖堂にまとわりつく闇を感じるデザインですね。

縦5cm横2.5cmと胸元で存在感を放つ大きさ。

チェーンの長さは、45cm。大体鎖骨より下あたりの長さになっております。

一つ目が大聖堂の光なら、二つ目は大聖堂の闇といったイメージ。

どちらも、どんなスタイルにも合わせやすいシンプルなデザインなので、いつまでもつけていたいですね。

どちらも職人の手により1つずつ作り出されます。

どちらのネックレスも職人の手により、1つずつ製作されます。そのため若干の個体差がでて、1つとして同じものを手にすることは出来ません。

基本的に、サンプルをひとつだけしか作らない方針のようなので、今回のデザインは、当店の特別注文品となります。

ご注文後の製作となるため、お届けは必ず翌月以降となります。

クリスマスプレゼントには出来ないけど、ぜひお手元にお迎えいただければ幸いです。

ネックレスは下のリンクからお買い物いただけます。

こちらをクリック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする