夏に黒を着るやつはバカ?夏に黒を着こなす4テクニック!

16496744040_bfc0f4681b_bphoto credit: La pluie via photopin (license)

どうも!DOHKE/ドウケ店長の内山です。

関東も梅雨入りしたけど、6月のわりに日中はなんだか暑いよね。

暦の上では夏だから当たり前っちゃ当たり前だけど、みんな何着てる?

俺は、春だろうが夏だろうがほとんど黒しか着ないんだけど、

TVや雑誌とか見ていると時々聞くんだよね。

「夏に黒を着るのって、重苦しい」とか、

「黒は日差しを吸収して暑い」、「夏に黒を着るやつはバカ(笑)」とか…ぼろくそ!

うるせー!むしろ夏に黒がダメとか言ってるやつの方がバカだわ!

梅雨や夏でも黒は快適に着られるし、むしろ黒の方が着やせコーデができたりして超使える。

そんなコーデ方法を4つ紹介するよ!

1.黒のメッシュアイテムを使う

IMG_9378

最近70年代ファッションブームの流れで増えてきているのがメッシュアイテム!

このメッシュアイテムが夏に超使える!黒の重苦しさをメッシュの見た目の軽さが抑えてくれるので、1つ加えるだけでコーデの印象が違くなるよ!

IMG_9369今回はボトムスをメッシュに変えたけど、メッシュだから通気性は抜群!

tumblr_nhibhwUVXD1sy0bt9o1_1280

(出典:http://parissexchange.tumblr.com/)

こんな感じでトップスにメッシュを合わせるのもあり!

メッシュアイテムを使ったコーデをすれば、黒特有の重苦しさや日差しを吸収して暑いなんてことはほとんどなくなるぜ!

2.縦にデザインがされたアイテムを使う

IMG_9404

ちょっと分かりづらいと思うので補足すると、上下に向かってにプリントデザインがされているアイテムの事!

IMG_9407

縦にデザインがされているため、着やせ+身長が少しだけ高く見える!

ちなみにこのコーデは、グリッター系のデザインを選んでいるので、黒の印象が軽くなるのもポイントだ!

3.ノースリーブやタンクトップなどを選ぶ

ブラックコーデを、梅雨や夏に軽く見せるならノースリーブやタンクトップを選ぶと◎

11164832_719792071462435_3204837418163285682_n

肌の露出を増やせば、重苦しさはまず感じないよね!

11188376_722800437828265_7941530142206788503_n

女性ならクロップトップとかもありかも!

ちなみに、ノースリーブやタンクトップを着ると二の腕が気になるという方は、

首元に大ぶりのアクセサリーをつけると逆に細く見えるらしいよ!

11377230_735141279927514_8450765015231782298_n

柄物を着て、服に視線を集中させるのも効果的らしいので、ぜひ試してみてね!

二の腕をスッキリ見せるテクニック(出典:日経ウーマンオンライン)

4.袖を1~2回まくる

メッシュの洋服も縦長プリントやグリッターデザインも、そしてノースリーブもない!という方はこのテクニックがオススメ。

おととし~去年くらいに流行ったTシャツの袖をまくるテクニック。

hikaku

左が袖をそのまま、右が袖を2回ほどまくった状態。

腕の露出が増すことで、コーデがスッキリ見えるよね!縦長にプリントされているアイテムなら更にその効果が期待できる!

去年くらいはオーバーサイズのTシャツの袖をまくるのが流行ってたけど、

ジャストサイズのTシャツにも問題なく使えるから、着やせ&重苦しさを解消させたいならぜひ試してみて!

黒のアイテムだけでも、これだけ印象の違うスタイルが作れるのに、梅雨や夏に着ない手はないよね。

夏に黒を着るのは~…と悩んでたあなたは、是非今年の夏は黒を楽しんでね!

そして、黒好きにはたまらないキルスターの新作イベントも開催中。

残りはあと2日…!!悩んでいるあなたは今すぐご注文ください!

それでは~。

内山

DOHKE/ドウケ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする