KILLSTAR/キルスターのドレスをオシャレに着こなす方法

IMG_1562

KILLSTAR/キルスターの展開するアイテムの中でも、特に多いドレス/ワンピーススタイル。

新コレクションでは、その数を大幅に増やし、様々なスタイルが楽しめるようになっています。

1枚で大人な印象にしてくれるドレス/ワンピーススタイルですが、日本ではなかなかデザインされることのない特殊なデザインをしているので、どんな風に着ることが出来るのか?どんな素材なのか?寒くないのか?サイズはどれがいいの?など、疑問に思っている方も多いと思います。

ConjgHdDs01

今回は、新作のConjuring Hood Dress/コンジャリングフードドレスを徹底分析しました!

まずは、前回と同じくデザイン・素材・洗濯方法・防寒性を検証していきます。

デザインは?

IMG_1585

IMG_1587

デザインはかなりのロングシルエット。

顔が完全に隠れるくらいの大きいフード付です。

IMG_1583

今回は、身長166cm,体重50kg台の女性がヒール高3.5cmを履いておりますが、約170cmの女性が着ても、思いっきり地面に裾がついてます。

ちなみに、着ているのはMサイズ。足元が完全に隠れるほどの長さです。

IMG_1588

なので着るときは、高いヒールを履く場合を除き、下に引っ張りすぎず、若干腰回りにドレープを作って着るのがオススメです。

腰回りにドレープを作っても歩いているうちに落ちてくるんじゃないの?と思われるかもしれませんが、身体にピッタリと沿うようなタイトフィットになっているので、激しく上下に動かない限り、その心配はほとんどありません。

素材は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スーパーソフトビスコース(レーヨン) 95% エラスタン(ポリウレタン)5%なので、生地はテロっとした素材感です。

レーヨン特有の光沢感とドレープ感が、このデザインの特徴を最大限に生かしてくれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レーヨンのふわっとしなやかで滑らかな肌触りは、袖を通すとさらっとした感触で、かなり気持ちいいですよ。吸湿性がいいのもうれしいですね。

また、ポリウレタンが含まれているので、伸縮性も高く、身体に沿うほどのタイトフィットが可能となっています。

女性らしいシルエットのスタイルに、欠かせない素材が使われています。

洗濯は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

洗濯器で洗うことが可能です。(洗濯ネット必須)

若干縮むこともあるので、伸ばしながら干す必要があることもありますが、

ウォッシャブルレーヨンが使われているようなので、普通に洗えます。

IMG_1582

また、しわになりやすいという弱点もあります。

今回は、あえてしわをそのままにして写真を撮りましたが、かなりすごいですよね。

干すときにしわが付かないように、伸ばしながら干すのがオススメです。

スチームアイロンがあるなら着る前にかけるのもいいですね。

防寒性は?

IMG_1579

見た目通り防寒性はありません。裏地などはついていないので、冬に着たら寒いです。

ちなみに、撮影時はユニクロのヒートテックインナーを着ていますが、裏地がなくても透け感もあまりないのがうれしいですね。

春や秋の少し寒くなり始める前の時期や、夏の終わりに着始めるのがオススメです。

冬でもドレスを着るには?

IMG_1591

合わせるのにオススメなアウターは、ポンチョ系です。

袖のドレープ部分を活かしながら、しっかりと防寒も出来ます。

画像では、首にボタンがついているコートをあえてポンチョ風にして着ています。

ポンチョなんて持ってないという方でも、ボタン付きのアウターならこんな感じで着ることも可能ですよ。

IMG_1565

ロングコートの肩掛けもおすすめです。

IMG_1566

IMG_1567

袖がかなり特殊な形をしているので、そのまま腕を通してしまうと、いざ脱いだ時にしわがすごいことになります。

なので、アウター類は肩掛けで、ふわりと着る事が出来る物がおすすめです。

ファーなど暖かいアイテムと合わせて着るのがいいですよ。

着方のバリエーションは?

IMG_1572

サイドスリットから見えるボトムスを変えることで、見た目の変化をつける事が可能です。

IMG_1573

あえて、黒のボトムスを履くことで防寒性を高めながら、大人なスタイルで着ることも出来ますし、

IMG_1593

レギンスと合わせることでカジュアルに合わせることも可能です。

IMG_1601

生足でセクシーに着ることも可能です。ただ、深いサイドスリットのため、

生足で履いた場合は、ちょっと腰回りが危うい感じになりますので、注意してくださいね。

かっこよく着こなすためのワンポイントテクニック

IMG_1598

腰にベルトを巻くと、すごく大人っぽく着こなせますよ。

注意するのは、ベルトの位置。

IMG_1596

通常のベルト位置で巻いてしまうと脚が極端に短く見える上に、だらしない印象になってしまいます。

ベルトをポイントとして巻くときはおへそよりちょっと上あたり、ちょうど腰のくびれで一番細くなっている部分に巻くのがオススメです。

IMG_1597

上の画像は、左が通常ベルトを巻く位置で巻いた画像で、右がおへそより少し上で巻いた画像です。

脚が長く見える上に、メリハリが出てスタイルもスラッと引き締まって見えますよね。

アウターを上に羽織った時の、アクセントとしても使えますよ。

サイズはどれを選ぶといいの?

IMG_1563

サイズは、特別な理由がない限り、XS~Mサイズあたりまでがオススメです。

身長166cm,体重50kg台、普段はユニクロのLサイズがジャストサイズで、さらに3.5cmのヒールを履いて、身長が約170cmに近くなった彼女が着ても、Mサイズでは地面に裾が付くほどの長さです。

IMG_1592

また、肩幅も若干広め。

IMG_1584

袖も長めなので、タイトフィットで着たい場合は、XS~Sサイズで着るとかっこよく着れますよ。

Mサイズだと、十分ゆったりとした美しいドレープ感のあるスタイルで着ることが出来ます。

IMG_1570

いかがでしたでしょうか?

IMG_1568

日本ではなかなか馴染みの薄いドレスシルエットですが、海外ではジワジワと人気が出ているシルエットです。

IMG_1591

IMG_1566

冬に1枚で着るのはなかなか厳しいですが、コートなどと合わせれば妖艶なスタイルが楽しめます。

マフラーや手袋などとも合わせて、大人なスタイルで楽しみたいですね。

IMG_1579大人っぽい印象になるドレスなので、普段のワードローブに加えて楽しんでくださいね。

追伸1:このドレスは、30日間の完全満足保証付きです。

お届けから30日間以内は、どんな理由であっても返品・交換が可能です!

返品にかかる費用等は全てこちらで負担致しますので、リスクは完全にゼロです。

30日間じっくり着て確かめて、ちょっと違うなと思ったらいつでも僕にご連絡くださいね。

追伸2:次回は、クリスマスの特別プレゼント企画を行う予定です!

詳しい詳細はメルマガでお知らせしますので、楽しみにお待ちくださいね。

内山

DOHKE/ドウケ

今回着ているドレスはこちらから購入できます。
>>http://s.dohkeblog.com/1RdIe7G

今回ポンチョ風に着た着たコートはこちらから購入できます。
>>http://s.dohkeblog.com/1PTNq15

今回合わせたハットはこちらから購入できます。
>>http://s.dohkeblog.com/1lneWXR