夏!黒!黒コーデ!

どうも、内山です!

夏に決まって否定されるのが、黒コーデ!

真っ黒で季節感がない?もう聞き飽きたわ!

というのが今までだったけど、ここ最近はちょっと変わってきているよね!夏でも一部に黒を積極的に取り入れた方が、大人っぽくていいという感じになってきている。

むしろ、色で夏服を決めるのは、もう古いとさえ言えそうだ!

KILL STAR/キルスター/Lithium Ripped N’ Skinny Jeans [B]/スキニーパンツ/Lithium Ripped N’/ダメージ

今年も人気なのはワイドパンツだけど、夏でもスタイルが引き締まって見える黒の細めパンツがじわじわ戻ってきている感じ!

KILL STAR/キルスター/Death Trap Bondage Trousers [B]/スキニーデニム/デストラップボンデージトラウザース

有名ブランドの影響からジップデザインやダメージパンツもキテる。ちなみに、僕の中で上のパンツのストラップをはずして、変わりにキーチェーンを合わせるのがブームです(笑)

しかし、ボトムスはいいけど、トップスまで季節感のないまま黒でコーデしてしまうのは、見た目が暑苦しいからやめてくれという意見も変わらずある。

KULT/カルト/LES MISERABLES AS FUQ/Tシャツ/黒

なので今年は、トップスにゆったりとしたアイテムのリラックス感で、季節感を出すのがおすすめだ!

KULT/カルト/REAPTROVERT/Tシャツ

ゆったりというと、流行のビッグTをイメージしちゃいそうだけど、それだけじゃなくて、素材がてろッととろみがあったり、首元が広めに作られているのがいい!

スタイルにリラックス感を取り入れるだけで、無機質なモノトーンスタイルでも、夏っぽさがグッとあがるね!

CRMC clothing|シーアールエムシークロージング/Purple Anti-Crust Tee/パープルアンチクラストTシャツ

やっぱり夏っぽいカラフルなアイテムを取り入れたいという場合も、黒のボトムスとあわせれば引き締まるし、トップス自体がゆるめならすこし肌が見えて、ぐっと大人っぽくなるよ!

Dystra/ディストラ/HAWAIIAN SHIRT (BLACK)/ハワイアンシャツ/エドガー・アラン・ポー/大鴉/黒

リラックス感で言うと、アロハシャツもじわじわキテいる!脱ノームコアの流れから、自分好みの1着を選べるアロハシャツがアラサー世代に注目されているね!

今年の夏は、季節感で選ぶのではなく、素材やデザインのリラックス感に注目して、いつものスタイルを楽しんでみてくださいね!

それでは~。

内山

DOHKE