夏に日焼けをしたくない。日焼けしない魔女の服とは?

最近読んだネット記事でこんな記事がありました。

日焼け止めの化学物質は体内に吸収され、血液中に流れ込んでいた:米当局の臨床試験から明らかに

引用元:wired

どうやら、日焼け止めの紫外線防御剤が体内に吸収されているということらしい。 ただ、このことが実際にどんな影響があるのかはまだ分かっていないようですね 。

出来るだけ家から出ないインドア派の僕にとって、日焼け止めは死活問題なのにやめてほしいです笑。

最近は、ニュースでも日傘の必要性なども言及されていて、いかに紫外線を避けるかを考えることが多くなってきていますね。

夏はできるだけ日焼けをしたくない。

紫外線を出来るだけ浴びないようにするには、長袖を着るのが一番ですが、ちょっと勇気がいるし、実は長袖は涼しいみたいな話も良く聞くけど、あまり現実的でもない。

例えば、袖をシフォンに切り替えたデザインは、夏でも程よく涼しく、日差しもさえぎってくれる。見た目も軽やかになります。

今年の夏は、デザインは勿論、素材にも気をつけてみるとよさそうですね。

夏の魔女ファッションコーデ例

こちらは、ネックレスのみでシンプルにまとめた魔女ファッション。森の緑と黒の対比がとても美しい。

こちらはイヤリングだけ、装飾が少ないせいか、見た目も涼しげですね。

https://www.instagram.com/p/BxAZcByFKpu/?utm_source=ig_web_copy_link

こちらもバッグだけ。バッグはKILLSTARのものですね。

袖をシフォン素材に変えただけで、コーデの雰囲気がアップしています。

夏は帽子をかぶるのもいいですね。

https://www.instagram.com/p/BmNzUv-BlOu/?utm_source=ig_web_copy_link

フェルトでは暑いので、ストロー素材のものをあわせたい。

日傘を持つのももちろんいいですよね。 実際にサーモグラフィで調べてみると体感温度が5℃近く違うらしい。

こちらは、ドラマアメリカンホラーストーリー:covenのワンシーンですが、 非常に参考になるファッションばかりなので、ぜひまだ見てない人は、Netflixで見れるので見てみてください。

今回は以上です。

みなさんはどんな夏の魔女の服を楽しみますか?

夏ファッションの参考になればうれしいです。

内山

DOHKE