【オカルトファッション】好きだから着る?流行ってるから着る?あなたはどっち?

どうも、内山です。

あと、数日でゴールデンウィーク!あなたは、なにをする予定?

ここ最近はすっかり気温も上がって、暖かく…いやもはや暑い!まだ風が冷たいから、コーチジャケットなどのライトアウターや長袖ですごせるけどね!

だけど、薄着になると困る問題がひとつだけある。それはみんなおなじ格好をするからスタイルがかぶりやすいということだ!

しかも、最近は流行のデザインを、こだわりもクソもなくパクるだけのファッションも横行しているから、スタイルだけでなくデザインもかぶり、「あれ?パッと見はオシャレだけど、デザインはただのパクリかよ。こいつダセぇな」何てこともありうる!

日本でも超有名なスケートブランドが、これまた超有名な2大ファストファッションブランドを、インスタグラムで批判し炎上していたのが記憶に新しいよね!

でも、同じようなデザインでも、元のデザインにリスペクトを感じるなら話は変わってくるよね。

あなたは、こだわってるパロディデザインやオマージュを感じるデザインを着る派?それとも、見た感じオシャレで安かったらただのパクリでも着る派?俺たちは、確実に前者だよね!

と、熱くなってきたところで、キルスターやディスタービアを生んだイギリスの激熱なブランドを本日から取り扱うことになったから紹介するぜ!

イギリスはシェフィールド発のブランド”Syd And Mallory|シドアンドマロリー”


2006年に発足した”Syd And Mallory|シドアンドマロリー”

ヴィンテージスタイルを現代のスタイルで再構築。
90年代のシアトルのグランジシーンと、ブリティッシュパンクをインスピレーションに、手作りの衣類を生産といったブランドだ!

さっそくどんなアイテムが並ぶのか?注目のアイテムを紹介するね!

この時期気になるのは、梅雨まで使える薄手の長袖だよね。暑いときは袖をまくればかっこいい。それに暑いといっても、まだまだ風も冷たいし、気温も夜になれば一気に下がるしね!

もはや定番ともいえる袖のオールドイングリッシュロゴデザイン。

好きだから着るのか、流行ってるから着てるのか、同じデザインでも、好きなオカルト・ゴスデザインにこだわるからこそだよね!

主張しすぎないワンポイントのシンプルなデザインというのも、これくらいがいいといった大人感があり、あわせやすくていい!

先にあげた超有名ファストファッションのパクリ問題で話題になった燃えるロゴデザイン。

シドアンドマロリーは、かなりこだわっているデザインだと分かるよね!

ただ燃えたデザインではなく、骨組みだけを残し、灰になっていく。

まるで火炙りにあった魔女の姿を、文字で表現したかのような、歴史の悲しみも感じる。ヨーロッパのブランドだからこその、本気のこだわりを感じさせるデザインだ!

90年代の流行から、ファイアパターンも最近よく見かけるようになったよね!もちろん、これもこだわりがあるかないかでは大違いだ!

蛇のパッチがデザインされたジョガーパンツ。ジョガーパンツは、もはや説明する必要もないくらい定番だし、年齢に関係なく合わせやすいアイテムだよね!

日本人の体形にうれしい足が長くきれいに見えるテーパードシルエット。
※テーパードは、足先に向かって徐々に細くなっていくシルエットのこと。

カジュアルなデザインながらも、足首で絞るジョガーパンツデザインになっていることで、抑えるとこは抑え、上品さがアップし合わせやすいのが最大の魅力!

ちなみに、この蛇のデザインは、日本では知らない人を数えたほうが早いんじゃないかというくらい有名なハイブランドの○ッ○が元ネタ。これもインスパイアアイテムをよく見かけるけど、知らないで着てる人のが多いんじゃないかな?

こだわりを感じるのは、蛇の向きが下を向いているということ。お前らの時代は終わったよと、ハイブランドへのアンチテーゼを感じるよね!

皮肉と批判をこめたパロディデザインが最高の1着だ!

ワイドパンツデザインもいい感じだ!

以上です!

11年もの間ファンに愛されるブランドというのがうなずけるラインナップだよね!

もちろんその他にもたくさんのデザインが出ているからチェックしてね!

そして、もちろん30日間の完全満足保証つき。

Syd And Mallory|シドアンドマロリーは、下の画像をクリックしてください。

内山

DOHKE