夏の黒は暑い!黒ファッションでオシャレに夏を乗り切るには?アクセサリーが絶対必要な理由!

黒は暑い!

この一言に尽きるよね。

夏のオシャレは難しい!

全身黒を信条とする僕たちには、夏を更に難しくさせる!

冬のイベントももちろん楽しいけど、夏じゃないと楽しめないイベントも数多い!

ライブ、お祭りとか外でのアクティビティに、全身黒は熱を吸収しまくりで正直やばい!

あらゆる意味で試される試練の季節!

夏に黒でも快適に過ごすには、

・露出を増やす。

といった方法がある。

でも、Tシャツにショートパンツまたはスカートというスタイルは、誰もがするスタイルだから、オシャレに差はそう付かないよね。もちろん、デザイン選びのセンスはあるけどさ!

そこで、タイトルにもある通り役に立つのがアクセサリー!

Tシャツ1枚のスタイルでも、グッとコーデは引き締まる!

それに、アクセサリーは意外な効果もあるんです!

前々回のブログで言ったように、このようにシースルーを使った露出の高いスタイルであっても、アクセサリーを取り入れることで、いやらしさを感じさせないまとまりのあるスタイルになるんだよね!

そして、サングラス・キャップ・ネックレスにブレスレット!ひとつだけなく何個つけてもオシャレに見えてしまうのは夏の特権だ!

でね!黒ファッションでオシャレに夏を乗り切るには?

という、僕たちの思いにいち早く答えてくれたのがThe Rogue + The Wolf/ローグ+ウルフ!

元々3Dアクセサリーブランドから始まったThe Rogue + The Wolf/ローグ+ウルフだけど、今回の新作もマジでかっこいいぜ!

夏コーデのポイントになるのは首周り!

そして、重要なのは黒のアクセというところ!

黒のアクセサリーなら、Tシャツにキャップと言うカジュアルスタイルも大人っぽく仕上がる!

ゴールドやシルバーだとギラギラしてしまうけど、こんな風に胸元が開いたトップスでも黒なら落ち着いた雰囲気が出るよね!それに、重ね付けしてもジャラジャラ感がでないというのもいいよね!

ちなみに、The Rogue + The Wolf/ローグ+ウルフの場合、チョーカーデザインになっているけど、紐は交換できるから自身でネックレスにすることも出来るんだよね!

だから、一部例外もあるけど、ネックレスなら良かったのにとか、チョーカーの方がデザイン的に良かったなんて心配はいらないよ!

そして、指輪もめちゃくちゃかっこいい!

今回のテーマは、Safe wordなんだけど、

指をホールドして守るようなデザインが多くなってる!

以前までは、デザインで魅せるようなものが多かったけど、今回はリングが体の一部になる感じ!

スタイルを崩さずに、どんなスタイルでもはまってくれるデザインだ!

The Rogue + The Wolf/ローグ+ウルフのデザインは、ポリアミド系プラスチックで作られているから、華奢なデザインに見えるけどかなり丈夫!

もちろん、無理やり指から引き抜いて握りつぶしちゃったり、踏んじゃったりしたら壊れるけど、強い衝撃や力が加わらない限りは、壊れにくい傷つきにくい素材なんだよね!

手触りは少しざらついた感じで、めちゃくちゃ軽い!重いアクセサリーをつけて、手の動きを制限してしまうといったことは100%ない!それに、シルバーなどと違って、汗に反応して色あせてしまう事もないのがいいよね!

今回は、過去コレクションも全部ゲットできるようになっているから、必ずお気に入りのデザインが見つかります!

いま!The Rogue + The Wolf/ローグ+ウルフをゲットされた方には、ブランドオリジナルのスペシャルプレゼントがつきます!

The Rogue + The Wolf/ローグ+ウルフのアイテムを、2着以上お買い物された方には、限定でブランドオリジナルの手帳をプレゼントします!

表紙はハードカバー!

ページ数は150ページ!うち22ページにイラストが入っているので、合計で128ページ分の内容が書ける用になってます!

こんな感じで日記風に書いても良いし、英語の日記にトライするのもいいね!

すでに、5月だけど今からはじめても日数的にまだ間に合うぜ!

飾っておくだけでも、十分かっこいいよね!

プレゼントがゲットできるのは、2018年5月31日(木)夜10時まで

そして、前回人気が高すぎてすぐに消えてしまったこのパーカーも全サイズの在庫が復活したぜ!

実際に着られる時期は先になるけど、今のうちにゲットしておくことをおすすめします!

パーカーが100%活躍する秋頃になったら、絶対になくなるしね!

The Rogue + The Wolf/ローグ+ウルフのアイテムは↓の画像をクリック!

もし、分からないことがあればいつでも聞いてね!

内山

DOHKE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする